HOME  >  だれが

だれが
営農者
鴇田 三芳(代表)

鴇田 三芳 (代表)

アフリカでの難民救援に携わるなかで世界的な食料危機を予見し、1991年に就農しました。

塚田 創(研修生、会社員)

塚田 創(研修生、会社員)

食と農業の問題について何か貢献できないかと考え、また単純に農的な生活への憧れもあり、2015年3月より研修を受けています。

阿部 一雄(農業ボランティア、会社員)

阿部 一雄(農業ボランティア、会社員)

2008年から、週末に農作業を手伝いながら、有機栽培を学んでいます。

岡野 由里子(従業員)

2016年8月から働いています。

湯浅 恵美(従業員)

2016年11月から働いています。


地主

三澤 廣 様 (白井市平塚)

50aほどの農地を貸してくださいました。
この農地に作業場、井戸、育苗ハウスなどの施設を快く建築させてくださっただけでなく、新品同様のトラクターをただ同然の使用料で貸してくださり、非常に助かっています。

大野 弘行 様 (松戸市六高台)

白井市と印西市の農場のうち、70aほどを貸してくださっています。
その農地は、平坦な長方形で排水性も良いという、理想的な農地です。
また、草がきわめて少なく、几帳面な大野様の性格を物語っています。

山本 則夫 様 (白井市平塚)

20aほどの畑を貸してくださっています。
お借りした時は相当やせていましたが、肥料バランスが良く、くせのない畑です。


農家

松丸 秀次 様 (白井市谷田)

皆生農園のために40aほどの水田を用意され、私どもが草取りする他は、すべて栽培管理をしてくださいます。

秋谷 公臣 様 (白井市平塚)

地元の元農業委員で、現在は市議会議員をされておられます。農地を借りる際などに尽力してくださいます。

鈴木 芳三 様 (印西市滝)

建築関係の職人として働く一方で、還暦以降に有機農業も始められました。
作業場に保冷庫と水洗トイレを非常に安く造ってくださいました。

その他の方々 (白井市平塚)

2件の農家が籾殻をただで分けてくださっています。
籾殻を活用する農家が減っていて、好きなだけ手に入り、非常に助かっています。


業者

長野種苗 様

長年、お世話になってきました。
種や農業資材を少量でも電話一本で手配してくださいます。
また、種の品種特性も教えてくださいます。

グリーンロフトネモト 様 (ホームページは、こちら

施設の建築方法を具体的に何度も教えてもらいました。
また、電話一本で農業資材を農場まで納品してくださるので、大変に助かっています。

金子商店 様 (ホームページは、こちら

肥料として大量に使う糠を安く提供してくださいます。
予約もできるので作業計画が立てやすく、とても重宝しています。

川田研究所 様 (ホームページは、こちら

長らく土壌調査をお願いしてきました。
また、研究への協力などをとおして、栽培上のアドバイスもしてくださいます。




Art & System Designed by 石井由起 & HitArts