農園の紹介

事業

  1. 約40種類の露地野菜を基本的に農薬と化学肥料を使わず生産し、通年販売しております。栽培の詳細はメニューの「栽培方法」をご覧ください。

  2. 2001から研修生の受け入れと新規就農希望者の支援を続けております。詳しくはメニューの「研修受入・就農支援」をご覧ください。

  3.  農地の使用上の価値には大きな幅があり、経営に直結するにもかかわらず、市町村などの公的機関はその価値を客観的に評価しません。そこで、皆生農園ではその価値を客観的に評価・査定いたします。

生産物

すべて露地栽培で、基本的に農薬と化学肥料を使用しない農産物を生産しております。ただし、購入した種や苗に生産業者が農薬処理している場合があります。また、苗を自前で育てる場合、それに使用する購入土に化学肥料がごく微量混入しています。さらに、トマトには農薬を1~2回散布する場合があります。

果菜類大玉トマト、中玉トマト、きゅうり、枝豆、なす、ピーマン、いんげん、スナップエンドウ、カボチャ、ズッキーニ
葉菜類ブロッコリー、小松菜、ほうれん草、ちぢみほうれん草、ルッコラ、長ねぎ、白菜、春菊、キャベツ、レタス、サニーレタス、空芯菜、大葉、モロヘイヤ、にんにくの芽
根菜類ジャガ芋、にんじん、玉ねぎ、大根、かぶ、里芋、八頭、セレベス、しょうが、落花生
その他黒にんにく、原木しいたけ、竹の子

農園関係者

  1. 営農者:5名(代表者、従業員2名、研修生2名)
  2. 地元の協力農家:6戸以上
  3. 協力業者:3社以上  詳しくはこちらをご覧ください。

鴇田   三芳 (代表)
アフリカでの難民救援に携わるなかで世界的な食料危機を予見し、1991年に就農しました。健康志向が強く、より安全な野菜を生産するように心がけてきました。
富樫 秀明(研修生)
会社員のまま定年を迎えるのはつまらないと思い、この世界に飛び込みました。千葉県農業大学校を卒業し、現在は農業で自立できるよう現場で奮闘中。
柴田 耕太(研修生)
自然と科学の融合である農業に興味を持ち植物の本来の力を活かす有機農法と農家としての生き方を学ぶために2018年12月から研修を受けています。

所在地・連絡先など

開 園 2011年
HP開設 2012年
農 場 千葉県白井市平塚810
事務所 〒270-1431 千葉県白井市根109-15
電 話 090-8462-2777(代表者:ときた)
メール farm@kaisei-f.com

農園の四季(フォトギャラリー)

 

 

 

これらの写真は、農場とその周辺で、鴇田三芳が撮影しました。