文明・歴史

百姓雑話

第64話 便利さの代償

本当に便利な世の中である。キーをポンポンとたたけば、いろいろな事が瞬時にできてしまう。今やその便利さが生活や仕事の現場を劇的に変えつつある。 農業の世界も同じである。パソコンやスマホを操作するだけで、遠く離れたハウスの中の野菜に農薬を...
百姓雑話

第34話 「つるぼけ」と少子化と太平洋戦争(2)

8月15日。今から67年前、欧米列強に日本帝国が敗れた日である。 今回は、第29話の続きである。「つるぼけ」と太平洋戦争の類似点を探ってみたい。 生き物には、栄養成長と生殖成長という2つの成長過程がある。これら2つの過程...
百姓雑話

第30話 風に吹かれて

梅雨が明けた。私の好きな季節がやっと来た。 しかし、この季節を忌み嫌っている人のほうが多いだろう。節電のためにエアコンやクーラーの使用を控えている人たちも、いざ熱帯夜で眠れないと、理性が苦痛に変わるかもしれない。こんな季節でも、夕立の...
百姓雑話

第23話 ジャガ芋あれこれ

先月下旬、ジャガ芋に花が咲いた。白い花、紫の花、いずれも美しい。南米アンデス地方からヨーロッパにもたらされた後、広く観賞用として栽培されていたらしい。 今週から収穫である。関東以南のジャガ芋の産地では、春から初夏にかけて出荷する。しか...
百姓雑話

第21話 アブラ虫とグレート・ジャーニー(2)

人生は旅である。人の一生は、長い人類の旅の短い途上である。 皆生農園は、成田と羽田を離陸したジェット機がちょうどクロスする真下にある。多い時間帯では、1分に1機ほどの割合で飛び交う。私は、仕事の手を休め、ときどき見上げては、また一人旅...